フィッシングアルバム

2018年7月14日 群馬県上野村中ノ沢
上野村には本谷と中ノ沢の2箇所の毛ばり釣り専用区間がある。 この区間は事前予約制で遊漁者数が規制されており、午前中は予約した区間で先行者を気にせずに釣りをすることができる。

今回は中ノ沢のD区間を予約して釣ってみた。 本谷へは何回か訪れたことがあったのだが、中ノ沢での釣りは今回が初めてだ。 本谷と比較すると高低差のある流れが多く、フライで狙うのが難しく感じた。
さて、釣果の方は・・・ 釣り始めて暫くはドライでもニンフでも全く反応がなかった。 初めてのフィールドで反応がないと、魚が居ないのかと疑心暗鬼になってしまう。
しかし、午前11時になろうかという頃になって魚がにわかに動き出した。 #12のブラックハンピーやアダムスのパラシュートフライを流れに乗せると、飛びつくように喰ってくる。 ヤマメはアベレージサイズ26~27cmぐらいで、コンディションが良く引きが強い。 イワナも20cmぐらいの小さい奴が1尾だけ釣れてくれた。

本谷にするか中ノ沢にするか・・・ 次回訪れる時には悩むことになりそうだ。
  • No.1

    写真1
    サイズは26cmだが体高があり、尺ヤマメが釣れたのかと思うほど良く引いた。黒点のないオリーブ色の背中が特徴的。
  • No.2

    写真2
    今回最大の28cm。3尾のヤマメが定位している流れにブラックハンピーパラシュートを落とすと、一番大きい奴が喰いついた。
  • No.3

    写真3
    ゆっくり浮上してきて、ドライフライをのんびり銜えた20cmぐらいの小さいイワナ。
  • No.4

    写真4
    ブラックハンピーパラシュートで釣れた26cmのヤマメ。
    スレンダーな体型でも引きは強かった。
  • No.5

    写真5
    上流に向かって左側の日陰の奥で良型のヤマメが出たが、フライが見えずに合わせのタイミングが遅れてバラシてしまった。
Next
Page
Prev
Page
Copyright© Yuuhiko All Rights Reserved